So-net無料ブログ作成
検索選択

初祈祷 [お寺]

あらためまして、
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、盆正月の関係ない仕事しているぽんですが、去年・今年となぜか珍しくお正月1日にお休みを頂く幸運に恵まれております。前の部署にいた頃には考えられない話ですが、今の部署はこういうことが時々あり、いいのか悪いのか、まぁ、いいことと思いましょう。といっても、連休はさすがに頂けませんので、やることといえば、普通の休みとほとんど同じです(^^;)

でも、そこは寺好きのぽんのこと、お寺での年越しという楽しみがありますから、いつもと違う特別な一日と言えますね。奈良で年越しと言えば、東大寺の巨大な鐘の除夜の鐘や春日大社が派手で有名だと思います。東大寺の鐘は毎年「ゆく年くる年」でも中継されてますよね。今年はどうだったか知りませんけど。

でも、ぽんはひとごみがあまり得意ではないので、メジャーすぎるお寺は気乗りがしません。そこで、去年に引き続いて、今年も大安寺さんにお参りに行くことにしました。大安寺さんはこのブログでも時々話が出てきている通り、なじみのお寺です。

さて、この大安寺さんには梵鐘がありません。その代わりとして、「除夜の竹明かり」という儀式が行われます。108つの灯篭を境内に並べるというもので、派手ではありませんが、ほっとする光景を目にすることができます。山門のかがり火、竹林のライトアップとあわせて、晴れやかな気分になる光景ですよ。まずはその写真を。夜ですから、残念写真が多いのはご愛嬌(^^;)
大安寺さん9.jpg

大安寺さん8.jpg大安寺さん3.jpg大安寺さん4.jpg大安寺さん7.jpg大安寺さん5.jpg大安寺さん6.jpg大安寺さん.jpg

本堂の中では新年の初祈祷が行われ、ご住職の法話をお聞きすることができます。
本堂内.jpg

松三寶(まつさんぽう)というのが見えますか?
これは松の枝のまわりに赤米を盛り、小判型の昆布をその上に重ねたもので、一年の幸福をお祈りする縁起ものです。ご祈祷の後はこの赤米を頂き、ガン封じにご利益のある笹酒(竹筒に入ったお酒)を竹のおちょこで頂きます。頂いた赤米は七草の日に一緒におかゆにするそうです。ぽんはたぶんふつうにごはんを炊くときに混ぜて頂くんじゃないかな。

今年の法話の内容はお釈迦さまの有名な言葉である「犀の角のようにただ一人歩め」にまつわるお話でした。まわりに流されることの無いようにしっかりと自分の歩み進めなさいという内容で、新年に気持ちの引き締まるお話です。ちなみに昨年は「自灯明・法灯明」というお話で、自分自身と法(仏様の教え)をよりどころとしなさいというお話でした。学生時代ならともかく、こういう自分の生き方を見つめなおすようなおはなしはお寺くらいでしか聞かなくなりましたから、お正月くらいこういうお話を聞くのもいいもんです。

そのあと、本堂の裏手の嘶堂(いななきどう)の横で、赤米のおかゆを頂きました。奈良らしく、奈良漬がのってます。とても寒かったので、あったかいおかゆがとてもおいしく、ありがたかったです。
新年のおかゆ.jpg
タグ:お寺 奈良
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大安寺の紅葉・続編 [お寺]

また行ってきました。
前回がピークだったようで、さすがに葉っぱに疲れが見えていたんですが、場所によっては前回よりもうつぷしい場所もありました。写真をお楽しみ下さい。今年の紅葉もそろそろ終わりですね。
紅葉1.jpg
紅葉2.jpg
紅葉3.jpg
紅葉4.jpg
紅葉5.jpg
紅葉6.jpg
紅葉7.jpg
紅葉8.jpg
紅葉9.jpg
紅葉10.jpg
紅葉11.jpg
紅葉12.jpg

境内のガーデニングテーブルが塗りなおされてました。のんびりできるいいアイテムです。
境内.jpg
タグ:お寺 奈良
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大安寺 [お寺]

昨日は寝落ちしてしまいますた。
表の方(ぽんのごはん)で酒について語りすぎちゃいましたもので(^^;)

さて、お寺のお話です。
といっても、いつもお寺「大安寺」さんです。

このお寺はガン封じで有名なお寺で、年に2回あるガン封じのご祈祷のお祭りのときは普段は静かなお寺もぎゅうぎゅうづめの賑わいになるほどです。ご祈祷自体はいつでも受けられますので、奈良にお越しの際にはお寄り下さいね。ぽんがひなたぼっこしてるかもしれませんよ。ちょうどいつものスーパーへ行く途中にあるというのもありますが、なぜかこのお寺が気に入ってしまいまして、週1回はふらふらとお参りに行ってます。それほど大きなお寺というわけではないのですが、境内にはガーデニング用のテーブルセットが置かれていて、お弁当を買って食べることもしばしばです。

そんな大安寺さんは、非常に歴史のあるお寺で、その起源は飛鳥時代にまでさかのぼり、聖徳太子が開基と伝えられています。平城遷都とともにこの地に移転し、南都七大寺のひとつとして数えられています。ちなみに南都七大寺とは、興福寺、東大寺、西大寺、薬師寺、元興寺、法隆寺、そしてこの大安寺さんのことです。当時は2基の七重塔が並ぶ立つ大伽藍だったそうで、インドや中国の僧もやってくるような当時の国立大学的な役割を果たしていたそうで、かの弘法大師・空海も若かりし頃、このお寺に滞在したとか。

それほど歴史のあるお寺ですので、国の重要文化財である本尊をはじめ、多くの貴重な仏像が安置されています。その中に秘仏とされる仏様がお二方おられ、ご本尊の十一面観音菩薩像は10月・11月に、馬頭観音像は3月に公開されています。今回はご本尊のご開帳期間も終わりに近くなったため、お顔を拝するためにお伺いしてきました。イメージの写真を貼っておきます。

ご本尊様は穏やかな落ち着いたお顔、馬頭さんは力強いお姿と対照的な外見です。
十一面観音.jpg
馬頭観音.jpg
写真はありませんが、本堂には虚空蔵菩薩像も安置されていて、大和十三佛霊場の打ち止めの札所ともなっています。

竹のお寺としても有名で、年に二回のガン封じのお祭りは別名「笹酒祭り」とも呼ばれています。境内には竹林があり、大きなイチョウの木があり、となかなか落ち着いた、いいお寺です。時期的に紅葉の時期ですので、紅葉の名所というわけではないのですが、それなりに見事な紅葉をみることができました。何と言っても朱色が鮮やかでしたよ。
長々とお話しましたが、写真をお楽しみ下さい。
紅葉1.jpg
紅葉2.jpg
紅葉3.jpg
紅葉4.jpg
紅葉5.jpg
紅葉6.jpg
紅葉7.jpg
紅葉8.jpg
紅葉9.jpg
紅葉10.jpg
紅葉11.jpg
紅葉12jpg.jpg
紅葉13.jpg
本堂から.jpg
本堂2.jpg
本堂3.jpg
本堂4.jpg
竹.jpg
竹2.jpg
本堂.jpg
タグ:お寺 奈良
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

円成寺 その5 [お寺]

このお寺は紅葉の名所というわけではないのですが、結構うつぷしかったです。
もう少ししたらピークというところでしょうか。

撮影しまくってきましたので、お楽しみ下さい。
紅葉1.jpg
紅葉2.jpg
紅葉3.jpg
紅葉4.jpg
紅葉5.jpg
紅葉6.jpg
紅葉7.jpg
紅葉8.jpg
紅葉9.jpg
紅葉10.jpg
紅葉11.jpg

足元もなかなかでした。
足元.jpg

タグ:お寺 奈良
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

円成寺 その4 [お寺]

さて、本日のメインディッシュともいうべき多宝塔です。
多宝塔.jpg
反対から見るとこんな感じです。
多宝塔1.jpg

さて、なぜメインディッシュかというと、こちらには仏師としてあまりにも有名な運慶が若い頃に作った大日如来像が安置されているからです。こちらの大日如来像は国宝なのですが、ガラス越しとはいえ、とても間近で見ることができます。撮影禁止との表示もなかったので、ごめんなさいして撮影してきました。
大日如来.jpg
仏様もうつぷしいですが、中もうつぷしいですよね。

続く。
タグ:お寺 奈良

円成寺 その3 [お寺]

お寺に行ったら、まずはご本尊さまにご挨拶をしなくてはいけませんので、多宝塔のお話はあとに回して本堂から。
本堂.jpg

こちらも室町時代のものだそうで、堂々たる造りです。
本堂に前面には舞台があります。
本堂舞台.jpg本堂より.jpg

夏はこの舞台に腰掛けて、風を楽しむというのがとても気持ちがいいですよ。

本堂の中には、ご本尊の阿弥陀如来像のほか、四天王像、旧本尊の十一面観音立像、薬師如来立像、釈迦如来立像、延命地蔵菩薩像、南無太子像(聖徳太子の子供の頃の像)があります。
写真は例によってありません。m(_ _)m

でも、山奥のお寺にこれだけの仏像があるというのは実際に行ってみると驚くと思います。

本堂横には、このお寺の鎮守社である白山社があります。こちらも国宝です。
白山社.jpg

続く。

タグ:お寺 奈良
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

円成寺 その2 [お寺]

楼門はくぐることはできませんが、堂々たる姿でなかなか圧巻です。
庭園から見るとまわりのみどりにぽっかり浮かんで、うつぷしいです。
楼門.jpg
楼門1.jpg
楼門2.jpg
楼門(本堂から).jpg
楼門(本堂から)2.jpg

本堂側からのぞき込むと、庭園が見えます。
楼門から.jpg
楼門と多宝塔.jpg
奥に見えるのは多宝塔で、国宝の大日如来像が安置されています。

続く。

タグ:お寺 奈良
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

円成寺 その1 [お寺]

今日は「円成寺」さんへ行ってきました。
石碑.jpg
こちらのお寺は大和十三佛巡礼の12番目のお寺で、忍辱山(にんにくせん)という山号を持っています。仏教には悟り(本当の幸せ)に至るために必要な6つの条件があるとされていて、そのなかの一つが「忍辱」です。
ちなみに6つの条件とは次の通りです。
・布施:物だけでなく知識や言葉・気持ち等を惜しみなく分け与えること
・持戒:相手のことを思いやり、ルールを守ること
・忍辱:つらいこともくじけず耐え忍ぶこと
・精進:向上心を持って励むこと
・禅定:心を平静に保つこと
・智慧: 真実を見極めること
現代人に足りないことばかりですね。
これができれば、世間一般の価値観を超えた幸せがあるのかもしれません。

仏教、特にお釈迦様が説かれた初期の仏教は本来、宗教ではありません。どうすれば、より良い人生を送れるかの生き方手引きのようなものです。仏にすがるのではなく、その生き方・考え方をいかに自分のものとするかというところが本当の目的なんですよね。わかりにくい話ですが、今の世の中には大事な考え方だと思います。

あまり深い話をすると、ついて来れなくなっちゃうといけないので、このくらいにしときますが、とにかくその円成寺さんへ行ってきました。ぽんは大和十三佛もまわりましたが、このお寺にであったのは、2年ほど前のことです。そのときにこのお寺の静かで落ち着いたところがいっぺんに好きになってしまいました。ちなみに大和十三佛の13番目のお寺がよくお邪魔する大安寺さんです。

円成寺さんは剣術使いとして有名な柳生一族の治めた地「柳生」地区にあり、かなーり山奥です。といっても、ぽん家からは車で30分もあれば来れます。同じ奈良市内ですし。標高が少し高いので、市街と比べてかなり寒かったです。

さて、こちらのお寺は見所が結構あります。
まずは平安時代に作られた名勝・円成寺庭園。こちらも前にご紹介した浄瑠璃寺さんと同じ浄土式庭園で、池の向こう側にお寺があるつくりになってます。もちろんご本尊は阿弥陀如来さんです。

とりあえず、庭園の写真をご覧頂きましょうか。文字ばっかりですし。
今回は写真増量でお送りしますw
池.jpg
池1.jpg
池2.jpg
池3.jpg
池4.jpg

池の向こうに門が見えますよね。
これは室町時代に作られた楼門です。

長くなったので、続く。
タグ:お寺 奈良
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

佐保路三観音特別展 不退寺 [お寺]

佐保路三観音特別展のトリを飾るのは不退寺さんです。
P1000215.jpg
こちらのお寺は六歌仙として、また、伊勢物語の主人公として有名な在原業平が開基したお寺で、ご本尊の聖観音像も業平が刻んだと言われています。(実際には業平より200年ほど後の時代に作られたようです。)

本堂へ進みます。
P1000217.jpg
本堂にはご本尊の聖観音像がライトアップされて、白く浮かびあがっています。
futaiji-2b.jpg
(もちろん写真は拾いものです。)
その周囲には、五大明王と呼ばれる「不動明王」「降三世明王」「軍荼利明王」「大威徳明王」「金剛夜叉明王」の像があります。中でも不動明王像が力強く、こちらのお寺では一番好きな仏像です。(残念ながら写真はありませんorz)

ほかにも境内には六歌仙である業平ゆかりのお寺にふさわしく、歌碑がいくつかありました。内容はよくわかりませんw
境内の写真も貼っておきますね。
P1000219.jpg
P1000222.jpg
P1000223.jpg
P1000224.jpg
P1000226.jpg
P1000228.jpg
P1000229.jpg
これで佐保路三観音特別展の巡礼は終わりです。

スタンプラリーは無事に終わり、不退寺のポストに投函してきました。
P1000232.jpg
今のところ、何も届きません(^^;)

飛び飛び、かつ、長らくのお付き合いありがとうございました。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

佐保路三観音特別展 法華寺 その5 [お寺]

から風呂に戻り、光月亭とは逆に向かうと東庭園があります。時期的にお花は少なかったのですが、撮影した写真をお楽しみ下さい。
P1000203.jpg
P1000204.jpg
P1000205.jpg
P1000206.jpg
P1000210.jpg
法華寺拝観はここまでです。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。