So-net無料ブログ作成

三室戸寺の紫陽花 [お寺]

また行きあたりばったりの記事の更新ですw

今の時期は紫陽花が見ごろですよね。
そう思うと居ても立ってもいられず、梅雨の晴れ間を見つけて、さっそく紫陽花の名所へ行ってきました。ぽんの自宅から一番近い紫陽花の名所というと、大和郡山の「矢田寺」が有名なのですが、何しろ本堂までの階段がキツいので、足腰のめっぽう弱いぽんは少しだけ足を伸ばして、京都の宇治にある三室戸寺さんへお邪魔することにしました。

この三室戸寺は、光仁天皇の勅願により大安寺(いつもお邪魔しているお寺です)の僧・行表が創建したものだそうで、西国の十番札所でもあります。ぽんとぺんは現在、西国巡礼の途中ではありますが、三室戸寺のご結縁開帳の期間は10/1~11/30の期間だそうですので、今回はあくまでも紫陽花を見に行くことが目的です。ですから、お花の話をさせて頂きますが、この三室戸寺は、山全体が花に覆われていると言ってもよいほどの花の名所で、資料によれば、「5月は2万株のツツジ、一千本のシャクナゲ、6月は1万株のアジサイ、7月はハス、さらに秋は紅葉の名所にもなる」とのことです。紫陽花のピークには少し早かったようなのですが、圧倒されるボリュームと美しさを十分満喫することができました。

こうして話ばかりしても、おもしろくないでしょうから、お寺とお花の写真をご覧いただきたいと思います。
まずはお寺の写真から。とにかくお天気に恵まれたのがよかったです。
2.階段.jpg

3.不動水.jpg

4.境内.jpg

5.本堂.jpg

6.本堂.jpg

7.三重塔.jpg

10.鐘と三重塔.jpg

8.鐘と三重塔.jpg

9.境内.jpg
境内にたくさん植えられているのは蓮だそうです。

11.納経所.jpg

12.境内.jpg

ここから、庭園とお花のターンです。
13.庭園.jpg

14.庭園.jpg

15.庭園.jpg

花1.jpg

花2.jpg

花3.jpg

花4.jpg

花5.jpg

花6.jpg

花7.jpg

花8.jpg

花9.jpg

花10.jpg

花11.jpg

花12.jpg

花13.jpg

花14.jpg

花15.jpg

花16.jpg

花17.jpg

花18.jpg

花19.jpg

花20.jpg

花21.jpg

花22.jpg

花23.jpg

花24.jpg

花25.jpg

花26.jpg

花27.jpg

いやぁ、くどいくらい貼ってしまいましたw
でも、これでもセーブした方なんですよー
実は撮影枚数は500枚以上あります。

500枚も撮影してこのレベルかと言われそうですが、はい、そのとおりですw
昔と違って今はデジカメですから、とにかく数を写すことができます。ですから、どんなに残念な腕でも、それだけ撮影すれば、すこしくらいはきれいな写真が撮れているというものですよね。

ねこぺんろ その13 - 徳島市内 [遍路]

「ねこぺんろ」、ひさびさの再開です。
ずいぶん間があいてしまって申し訳ないです。

ちなみに、今年の5月にまわったお遍路話はぺんさんが担当してくれます。
更新がかなりゆっくりだとは思いますし、はじめてのブログですので、なれないところもあるかと思いますが、ぽんのブログともども、ぺんさんのブログもよろしくお願いします。

ぺんさんのブログ「ペ日記」はこちらです。

このときは、前回の反省を踏まえ、写真もたんまり撮影しましたし、メインキャラクターもいるので、こっちのブログより楽しめると思います(^^;)



さて、ぽんの方は1回目のお遍路の話を続けます。今回は文字ばっかりです。さーせん。

2007年10月5日(金) 晴れ 最高気温27度(徳島県徳島市)

11番札所藤井寺までの巡拝を終えて、予約を入れていた徳島市内のホテルに向かいます。ビジネスホテル笹田さんというごく普通のビジネスホテルです。

さて、すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、ぽぺの巡礼の楽しみは夜にあります。お寺を回ってから、その地域のうまい肴でうまい酒をしこたま飲む、これがたまらんですよね。のん兵衛さんならわかるでしょ?ね?ね♪

1日目を終えて、なれない遍路と団体に疲れきっていたぽぺが元気を維持していたのは、この夜の楽しみがあったからです。もちろん事前にしっかり調べてましたよー♪

居酒屋評論家として有名な太田和彦さんが番組でも紹介していたお店が徳島市内にあったんです。「まるに寿司」さんというお店なのですが、威勢のいい大将が繰り出す活きのいい魚がとてもおすすめだそうで、「びんた一発(まぐろの頬肉焼き)」「ばくだん(お刺身のうに和え)」など、ネーミングのおもしろさも注目だそうです。

このお店に行くことだけを楽しみに、藤井寺から徳島市内までの長い道のりも空腹に耐えてがんばってきました。ですから、ホテルに荷物を置いたら、さっそく出発です。

道はとてもわかりやすく、ホテルからひたすらまっすぐ一本道を歩くだけです。結構な距離でしたが、うまい魚とうまい酒のためなら、平気平気♪

ぽてぽてぽてぽて♪(足音です♪)

まだかな?

ぽてぽてぽてぽて…

このへんのはずだけどなぁ…

派手なのぼりが出てるはずだから、わからないはずはないんだけどな。
定休日じゃないはずだし。

ぽてぽてぽてぽてぽ…

おかしい…。

ん?

まるに寿司さんがあるはずのあたりに空き店舗があります。
おや?まさか…

どうやら、まるに寿司さんは閉店されたようです。移転されたのかもしれませんが、とにかく、このときの絶望と言ったら…orz




どうする?
でも、徳島って、お魚のおいしい店、他にもあるよね、たぶん…
適当にさがしてみよ…

ところが、携帯で検索しても出てくるお店は串焼きのお店ばかり。
魚モード全開だったぽぺはどうしても魚が食べたくて仕方ありません。

しかたなく、いかにも魚料理を出しますっていうお店に入ってみました。
お刺身の盛り合わせと2、3品頼みました。
まずはビールで乾杯。

ん?
ビール、あんまりうまくない…

あ、お刺身がきた。
これ、解凍ものだよね、たぶん。

お店の名誉のために店名は書きませんが、ありえないくらいおいしくなかったです。
お客さんも入ってませんでしたから、もう今はないんじゃないかな。とにかく、うまくないのよ。おさしみはスーパーの見切り品レベルです。
(ちなみに今年見に行ってみたら、看板はかかってましたが営業はしてませんでした)

…そうそうに切り上げて、次のお店を探します。

串焼きの店でもいっかと思いましたが、すでに満席のお店ばかりです。

席が空いてるお店はさっきの店のせいで、おいしくないかもと思うととても入る気になれません。駅前をとぼとぼと歩き回り、もうくたくたです。

ぺんさんはお怒りモードで凶暴になりかけてるし、ぽんもがっくりさんです。

そして2人が出した結論は…
もういい。目の前にある中華料理屋で餃子でビールでも飲もう…

失意のダウンタウン(BY トシ・クボタ)で下町モード全開なお店が目の前にあったので、なんとなく入りました。もう、なんでも良かったんですよ。まずくなければ。徳島には見切りをつけたつもりだったんです。

入ったお店の名前も覚えてないです。一龍だったか、一楽だったか、そんな名前です。
そして、とりあえず、ビール。
ん、うまい。ふつうはうまいよね。まずい方がおかしいよ。
餃子、うん、これはうまい♪

これなら、だいじょうぶかもと思って、ちゃんぽんと焼きそばもたべました。
キャベツたっぷりでおいしかったです。

ぺんさんもご満悦。よかった。

徳島市民の方には申し訳ないんですが、今年の5月にもう一度徳島に行くまで、徳島にはうまいものはないと思ってました。基本的に味濃いし…。(ぽぺは薄味好みですので)
幸い、今年の徳島市はおいしいもので迎えてくれましたよ。徳島市さん、疑ってごめんなさい。第一印象って怖いですね。

21時、ホテルに戻り、翌日の作戦会議開始。翌日は徳島県内の札所をすべて打ち終える予定で、日和佐あたりで宿を取ろうと電話でかけるもちょうどいい宿は見つからず、しかたなく、ペンションに予約を入れました。「しかたなく」というのは、ペンションが嫌いだというわけではなく、食事のおいしいペンションで朝食を食べずに出発する手はありえないので、出発が遅くなってしまうことを避けようとしていたためです。このときは後々苦しむことなど全く考えてもいなかったので、あっさりと「海の幸たっぷりのお料理」という宣伝文句に負けて、ペンションに予約を入れたのでした。

さぁ、いよいよ明日は最大の難所・12番焼山寺です。
とにかく早く起きて、目標の徳島県最後の札所23番薬王寺を目指そうと、早々と寝ることにしました。明日は5時半起き、6時半には出発の予定です。

ずっと運転していたぺんさんはぐっすりでした。
ぽんはなかなか寝付けず、ホテル内の自販機のお茶が売り切れていたので、ふらふらとホテルの向かいの自販機のところへお茶を買いに行きました。パンツ姿はまずかったかなw
タグ:四国 遍路

女人高野・室生寺 [お寺]

ぽんマニア向けのブログとして、URLは公にせずに気づいた人だけにお楽しみ頂いていたこちらの勝手口ブログですが、表のブログで「お寺の話も聞きたい」という声をちらほら聞きましたので、表ブログでもご紹介させて頂きました。初めてこちらへ来られた方、ようこそいらっしゃいました。

こちらのブログはぽんのもうひとつの趣味である「巡礼」のことを中心に、ややマニア向けの内容となっております。表のブログは「コメントどしどしください」のスタンスでみなさんとの交流を目的としておりますが、こちらのブログはまったくの趣味の世界ですので、読み逃げでも構いません。コメを頂ければなおうれしいですが、そこにはこだわっておりませんので、表ブログ以上にまったりとして頂ければうれしく思います。



さて、例のごとく、四国・西国・その他のお寺と行ったり着たりの更新です。
四国遍路1順目の記事も、西国巡礼の記事もなかなか進まずサーセンw
今回は先日お邪魔した室生寺さんのご報告です。

室生寺は「女人高野」と呼ばれるお寺で、女人禁制であった高野山に対して、こちらは女性の参拝が許されていたことからこのような別称があるそうです。もちろん現在は高野山も老若男女を問わず、たくさんの人が参拝する聖地となっていますが、室生寺は「女人高野」の名にふさわしく、どこか女性的なしなやかさと清楚さを感じるお寺で、これまでに参拝したお寺の中でも大好きなお寺のひとつだったりします。

中でも、おそらく日本で一番美しいと言っても過言ではない五重塔と金堂に安置された少女のようなかわいらしさも漂う十一面観音立像は、深き山中にひっそりたたずむその雰囲気とあわせて、室生寺のすばらしさを際立たせています。さすがに仏像の撮影はできませんので、ネットからの拾い物でご勘弁ください。

室生寺は奈良市内からは車で1時間ほどの山中(宇陀市)にあります。
室生寺1「室生川」.jpg

山門もかなり立派です。
室生寺2「山門」.jpg

国宝の金堂です。
室生寺3「金堂」.jpg

この中には同じく国宝の釈迦如来立像を中心に、十一面観音立像ほか、美しい仏像がずらりと並んでいます。
特に十一面観音立像は、頬がぷっくりと膨らんで、少女のようなかわいらしさも漂うお姿です。
20070826_340021.jpg

こちらは弥勒堂。弥勒菩薩と釈迦如来坐像が安置されています。
室生寺4「弥勒堂」.jpg

少しのぼって本堂。こちらも国宝です。ご本尊は如意輪観音さまです。
なまめかしいお姿にきりりとした顔立ちが美しい。こちらはよさげな写真がなかったので、ご想像下さい。
室生寺5「本堂」.jpg

さらにのぼると五重塔。日本一の美しさだと言っても過言ではない美しい塔です。
屋外にある五重塔としては日本で一番小さく、法隆寺の五重塔に次ぐ歴史を持つそうです。過去に台風でひどく傷ついたのを記憶されている方も多いと思いますが、今はすっかり修復されて美しい姿で楽しませてくれています。
室生寺6「五重塔」.jpg

室生寺7「五重塔」.jpg

室生寺8「五重塔」.jpg

ここから奥の院へ続くのですが、その道のりはかなり大変です。急な階段をひたすら上らなくてはいけません。
室生寺9「奥の院への道」.jpg
室生寺10「奥の院への道」.jpg
室生寺11「奥の院への道」.jpg

奥の院にある位牌堂の舞台部分です。
室生寺12「奥の院への道」.jpg

ようやく奥の院にたどりつきました。山門から数えて約700段の石段があるそうです。
室生寺13「奥の院」.jpg

こちらが弘法大師を祀る御影堂。この日は特別開扉の最終日で、とてもラッキーでした。
室生寺14「奥の院」.jpg

のぼることはできませんが、更に上、御影堂の横に石の塔があります。
室生寺15「奥の院」.jpg

帰り道は少しゆっくり歩いて、緑に囲まれた空間を楽しませてもらいました。
室生寺16「奥の院からの帰り道」.jpg

室生寺17「奥の院からの帰り道.jpg

室生寺18「奥の院からの帰り道」.jpg

室生寺19「奥の院からの帰り道」.jpg

お寺についたときに曇りがちだったお天気もすっかり晴れ上がり、五重塔を輝かせます。
室生寺20「五重塔」.jpg

室生寺21「五重塔」.jpg

空の青と山の緑が美しく、疲れを忘れさせてくれるほどでした。
室生寺22「バス停」.jpg
タグ:お寺 奈良
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。