So-net無料ブログ作成
検索選択

節分会 [お寺]

「次回から四国遍路」とお話しときながら、フェイントですw

昨日の話になりますが、よくお邪魔するお寺の大安寺さんの節分会に行ってきました。
節分というのは本来は「季節の分かれ目」を意味する言葉で、この時期だけのものではないそうですが、年が改まって最初の節分であること、春の到来を意味することから、2月の節分だけが特別扱いされているそうです。

さて、大安寺さんでは節分の儀式は2部構成になってます。
前半が「護摩焚き」のご祈祷、後半がいわゆる豆まきです。

ふつうは豆まきがメインだと思うんですが、テラ寺マニアなぽんとしては、前半の護摩焚きにも興味深々でして、前半から参加させてもらいました。さすがに撮影というわけにはいかないと思いますので、ネットからの拾った写真を貼っておきます。
050305.jpg

護摩を焚きながら、お経を一緒に唱えます。
幻想的かつ厳正な空気の中で響く読経の声が「邪を払う」と言われれば、そうだろうなと納得できます。だいたい1時間くらいの儀式でしょうか。煙にいぶされながらでしたが、いい体験をさせて頂きました。

その後、あいにくの雨模様でしたが、豆まきがスタートしました。
まずは鬼があらわれて、ところせましとあばれまわります。
動きがコミカルで笑いも起こってましたが、迫真の演技がほほえましい(^^)
P1110409.jpg
おに.jpg

やがて、お坊さんの法力に恐れをなした鬼たちが逃げ出します。

さらに追い討ちをかけるように、邪を払うためと福を呼び込むための豆まきがはじまります。
P1110473.jpg

ビデオカメラデジカメ携帯と3台のカメラをかわるがわる構えてましたので、ゆっくり豆を拾うことはできなかったのですが、それでも、ほら、けっこう取れたでしょ♪
P1110519.jpg

豆袋に数字が書いてあれば、福引に当選らしいんですが、さすがにそこまでの幸運は拾えなかったです。

雨の中の儀式で体が冷えましたが、甘酒のお接待がありまして、おいしく頂きました。
P1110527.jpg
体があったまりました(^^)

それほど大きな儀式ではないのですが、大人も子供も歓声をあげて楽しんでました。
こういう身近な儀式は大切にしたいですね。

この後、節分らしく、おうちに帰って、恵方巻きといわしの煮付けを頂きました。
タグ:奈良
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。