So-net無料ブログ作成
検索選択

大安寺 [お寺]

昨日は寝落ちしてしまいますた。
表の方(ぽんのごはん)で酒について語りすぎちゃいましたもので(^^;)

さて、お寺のお話です。
といっても、いつもお寺「大安寺」さんです。

このお寺はガン封じで有名なお寺で、年に2回あるガン封じのご祈祷のお祭りのときは普段は静かなお寺もぎゅうぎゅうづめの賑わいになるほどです。ご祈祷自体はいつでも受けられますので、奈良にお越しの際にはお寄り下さいね。ぽんがひなたぼっこしてるかもしれませんよ。ちょうどいつものスーパーへ行く途中にあるというのもありますが、なぜかこのお寺が気に入ってしまいまして、週1回はふらふらとお参りに行ってます。それほど大きなお寺というわけではないのですが、境内にはガーデニング用のテーブルセットが置かれていて、お弁当を買って食べることもしばしばです。

そんな大安寺さんは、非常に歴史のあるお寺で、その起源は飛鳥時代にまでさかのぼり、聖徳太子が開基と伝えられています。平城遷都とともにこの地に移転し、南都七大寺のひとつとして数えられています。ちなみに南都七大寺とは、興福寺、東大寺、西大寺、薬師寺、元興寺、法隆寺、そしてこの大安寺さんのことです。当時は2基の七重塔が並ぶ立つ大伽藍だったそうで、インドや中国の僧もやってくるような当時の国立大学的な役割を果たしていたそうで、かの弘法大師・空海も若かりし頃、このお寺に滞在したとか。

それほど歴史のあるお寺ですので、国の重要文化財である本尊をはじめ、多くの貴重な仏像が安置されています。その中に秘仏とされる仏様がお二方おられ、ご本尊の十一面観音菩薩像は10月・11月に、馬頭観音像は3月に公開されています。今回はご本尊のご開帳期間も終わりに近くなったため、お顔を拝するためにお伺いしてきました。イメージの写真を貼っておきます。

ご本尊様は穏やかな落ち着いたお顔、馬頭さんは力強いお姿と対照的な外見です。
十一面観音.jpg
馬頭観音.jpg
写真はありませんが、本堂には虚空蔵菩薩像も安置されていて、大和十三佛霊場の打ち止めの札所ともなっています。

竹のお寺としても有名で、年に二回のガン封じのお祭りは別名「笹酒祭り」とも呼ばれています。境内には竹林があり、大きなイチョウの木があり、となかなか落ち着いた、いいお寺です。時期的に紅葉の時期ですので、紅葉の名所というわけではないのですが、それなりに見事な紅葉をみることができました。何と言っても朱色が鮮やかでしたよ。
長々とお話しましたが、写真をお楽しみ下さい。
紅葉1.jpg
紅葉2.jpg
紅葉3.jpg
紅葉4.jpg
紅葉5.jpg
紅葉6.jpg
紅葉7.jpg
紅葉8.jpg
紅葉9.jpg
紅葉10.jpg
紅葉11.jpg
紅葉12jpg.jpg
紅葉13.jpg
本堂から.jpg
本堂2.jpg
本堂3.jpg
本堂4.jpg
竹.jpg
竹2.jpg
本堂.jpg
タグ:お寺 奈良
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

nuigurumi

色鮮やかな紅葉ですねー。
銀杏の黄色もきれいです。
しばし写真をじっくり眺めちゃいました^^

こちらの十一面様も、慈悲深い良いお顔をされてますね。
同じ仏像でも、作り手によって雰囲気が異なるので
見比べるのも楽しいですよね!
by nuigurumi (2008-11-30 16:58) 

ぽん

ほんとにしょっちゅう行ってるお寺なんですけど、カメラをかまえると、また違って見えたのがおもしろかったです♪

写真にはないんですけど、こちらにはお地蔵様もおられて、一番大きなお地蔵さまは、自分にやましいことがあると厳しい表情に見えて、気持ちが軽いと微笑んでるように見えるんですよ。ぺんさんもおんなじこと言ってました。

もともと穏やかな表情の十一面さまですけど、慈悲深く見えるのはnuiさんの心が映ってるんですよ(^^)
by ぽん (2008-12-01 02:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。